ロンドン五輪金メダリスト 米満 達弘さんの講話会@市立吉田中学校【JOCパートナー都市締結1周年記念事業~最終話~】

課題への取り組み

ロンドン五輪金メダリスト 米満 達弘さんの講話会@市立吉田中学校【JOCパートナー都市締結1周年記念事業~最終話~】

山梨県

富士吉田市は、2020年3月に(公財)日本オリンピック委員会(以下JOC)とパートナー都市協定を締結し、『JOCパートナー都市締結1周年記念事業』の一環として、本出身のオリンピアン(ロンドン五輪 レスリング フリースタイル66㎏級 金メダリスト)である、米満達弘氏をお招きして、市立吉田小学校に引続き、母校である市立吉田中学校の生徒に向けた講話会を開催しました。
先に紹介をした市立吉田小学校での講話会とは異なり、『金メダリスト米満達弘さんがオリンピックを通じて経験した人生で大切なこと』と題して3年生の生徒を対象に、『中学校から自身が始めた柔道部での活動が、後のレスリングを始めるきっかけとなった』ことのエピソードや『高校で始めたレスリング~ロンドンオリンピック金メダルに輝いた10年間』の歩みや人生で大切にしていることを中心に講話していただきました。講話会の中では、小学校と同様、金メダルに触れられる時間や互いに記念品の交換等を行う時間もあり、生徒からは、後日、感想メッセージ集を送りました。

【金メダリスト米満達弘さんがオリンピックを通じて経験した人生で大切なこと】

米満氏は、生徒に対して『何か夢中になれることに一生懸命に取組み、日々の生活や気持ちが充実できる様な高校生活を送ってもらいたい。』等と講話をしていただきました。

【生徒からの質問】

生徒からは、『緊張したときに、どのようにして、気持ちを落ち着かせているか?』といった質問に対して、『僕は、緊張を落ち着かせようとしていたが、ある本を読んでから考え方が変わった。今は、緊張していた方がパフォーマンスを発揮できる』等と答えるシーンがあり、「ネガティブな思考をポジティブ思考に変えることが大切」と力強く語る言葉に、生徒一人一人が耳を傾け、メモをする生徒も見られました。

【金メダルのお披露目】

金メダルを自らかけて、米満氏との記念撮影をする生徒が多く、普段見ることが出来ないオリンピックのメダルを前にした生徒の目が輝いていました。

【お礼の言葉/記念品の交換】

【記念撮影】

米満達弘氏の講話会を運営した、吉田中学校の生徒有志との記念撮影を行いました。講話会の中では、生徒自らが運営を考えて、講話会も滞りなく成功裏に終了いたしました。

【生徒からの感想メッセージ集】

後日、生徒から講話会の感想や今後の意気込みなどが添えられたメッセージ集を、米満達弘氏に送らせていただきました。

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会への機運醸成に関する、『JOCパートナー都市締結1周年記念事業』のその他の取組みは、下記をご覧ください。

■JOCストリートバナーフラッグを製作・設置しました!
■ロンドン五輪金メダリスト 米満 達弘さんの講話会@市立吉田小学校

富士吉田市企画部企画課国際スポーツ大会キャンプ地誘致推進室
TEL: 0555-22-1353
Email: s_camp@city.fujiyoshida.lg.jp
(お問合せは日本語でお願いします)

ロケーション

テーマから記事を探す

このサイトでは、サイトや広告を改善するためにCookieを利用します。これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。プライバシーポリシー