【シリーズ・事前合宿①】シンガポール・トップアスリートの事前合宿を受入

交流

【シリーズ・事前合宿①】シンガポール・トップアスリートの事前合宿を受入

高知県

 2019年7月、東京オリンピック競技大会に向けたシンガポールのトップアスリートの事前合宿を高知県として初めて受け入れた。受入した競技種目は、水泳、卓球、バドミントンの3競技。来県した選手の中には、2016年のリオデジャネイロオリンピックで金メダルを獲得したジョセフ・スクーリング選手をはじめとする世界のトップアスリートや指導者など、シンガポール選手団約100名が高知県内の落ち着いた練習環境の中で事前合宿を行った。

 

 合宿期間中、来県した指導者にご協力いただき、高知県内のジュニアアスリートに向けた指導講習会を開催。参加したジュニアアスリートは、世界トップレベルの指導を直接受け、「もっと上手になりたい」「もっと強くなりたい」と意気込んでいた。

 そんな中、毎日の練習の疲れを少しでも癒やしてもらおうと、高知自慢の海山川の幸で食事をご堪能いただいた。また、今や日本国内のみならず海外でも披露されている「よさこい踊り」など高知の文化に触れ、選手らはリラックスした表情で楽しんでいた。

 今回、高知県として初めてシンガポール選手団の事前合宿を受け入れた。シンガポール側からは「練習環境、食事などの高知県側の行き届いたサポートのお陰で、充実した合宿を行うことができた」と評価いただいた。
 来る東京オリンピックでは、シンガポールの選手を高知家一丸となって応援したい。

【参考】
高知県庁文化生活スポーツ部スポーツ課『事前合宿のページ』へ
http://www.pref.kochi.lg.jp/soshiki/141801/pre-training_camp_all.html

ロケーション

テーマから記事を探す

このサイトでは、サイトや広告を改善するためにCookieを利用します。これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。プライバシーポリシー