富士吉田市をラグビーの聖地に ~東京2020オリンピック競技大会での事前合宿を成功させるため~  【RWC2019~総括~】(最終話)

課題への取り組み

富士吉田市をラグビーの聖地に ~東京2020オリンピック競技大会での事前合宿を成功させるため~ 【RWC2019~総括~】(最終話)

山梨県

昨年9月に開幕した「ラグビーワールドカップ2019™日本大会」は、約1カ月半にわたり日本全国12会場で熱戦が繰り広げられ、11月2日(土)に南アフリカ代表の3大会ぶり3度目の優勝で閉幕しました。

アジアで初開催となった本大会は、試合以外でも注目を集めました。台風19号の影響により被害のあった地域でボランティア活動をするカナダ・ナミビア代表選手や、フランス代表選手の応援メッセージなど、全国各地で選手たちの模範となる行動が関心を集め、その行動に感動する一幕が多くみられました。今大会をきっかけに、多くの場面で人的・経済的な交流などが図られ、本大会を契機としたレガシーが各地に残り、今後も継続した取組みが行われていくことを感じました。
富士吉田市でも、本大会におけるフランス代表の事前と公認チームキャンプを受け入れた際に、市民の皆さんと選手たちが交流する機会が多くみられ、大会前の重要なチームキャンプ期間でありながら、協力をしいていただきましたフランス代表に感謝しています。フランス代表チームの皆さん、感動と興奮を本当にありがとうございました。

そして、富士吉田市は、東京2020オリンピック競技大会における、フランス7人制ラグビー男女代表チームの事前合宿地にもなっており、大会前の重要な期間を、チームの皆さんに満足いただけるよう事前合宿の受入に向けて取り組みを進めています。
詳細は、こちらを御確認下さい。

東京2020オリンピック競技大会の際においても、ラグビーワールドカップ2019™日本大会時のチームキャンプと同様に、万全な受入体制を確保することはもちろんのこと、事前合宿中には住民交流事業も計画しています。
2021年7月に開催予定である本大会は、夏の日差しが差し込む、暑い夏になる予感がしますが、そんな暑さも吹き飛ぶような「おもてなし」でフランス代表チームをお迎えしたいと考えています。

【次のキャンプ地へ向けて荷物の搬出】


【ラグビーワールドカップ2019™日本大会時のフランス代表と受入スタッフ】


フランス代表のチームキャンプ中は、官民一体となり多くの方々が協力して、チームをお迎えすることが出来ました。富士吉田市を離れる全体練習の最終日に、チームに対して「キャンプに携わった関係スタッフと集合写真を撮影していただけないか?」と投げかけをさせていただいたところ、快く受け入れてくださりました。
東京2020オリンピック競技大会時にも、官民一体となりフランス代表チームの受入を行い、一生に一度しかないかもしれない、貴重な時間を素晴らしいものにしていきたいと思っています。

富士吉田市をラグビーの聖地に ~東京2020オリンピック競技大会での事前合宿を成功させるため~ (完)



富士吉田市企画部企画課国際スポーツ大会キャンプ地誘致推進室
TEL: 0555-22-1353
Email: s_camp@city.fujiyoshida.lg.jp
(お問合せは日本語でお願いします)

ロケーション

テーマから記事を探す

このサイトでは、サイトや広告を改善するためにCookieを利用します。これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。プライバシーポリシー