• HOME
  • #オリンピック・ストーリー

オリンピック・ストーリーの記事

日本の技術力

金属洋食器 五輪選手村に正式採用 燕市発表「高品質を世界へ発信」

 新潟県燕市の鈴木力市長は30日の定例記者会見で、2020年東京五輪・パラリンピックの選手村の食堂で、燕市産のカトラリー(金属洋食器 …

交流

復興支援をメダルで感謝 山形の陶芸家ら、五輪出場国へ贈呈計画

      東日本大震災で世界各国から受けた支援に感謝の意を示そうと、東北の工芸家らが制作した記念メダ …

交流

掃除という五輪参加 暑さ寒さもなんの もう5年半

中央区の選手村建設地周辺のごみを拾い終え、記念写真に納まる「おもてなし大掃除」の参加者  開幕まで1年を切った東京五輪・パラリンピッ …

課題への取り組み

パラ 共生社会進んで 

社会の一員だと実感して 希望与える・功績周知へ 「障害者スポーツ発祥の地」関係者 東京パラリンピックの開幕まで25日で1年。1964 …

課題への取り組み開催地

開花する北海道の雪利用技術、東京五輪の暑さを迎え撃つのに準備万端

真夏の日本。東京では35度とうだるような気温が続く中、高級店が軒を連ねる銀座の大通りに幾つもの雪の塊が出現した。うちわを片手に浴衣( …

課題への取り組み開催地

サーフィンのまちの子どもたちが学ぶ、 海洋プラスチックごみ問題

東京都心から約70キロに位置する千葉県一宮町は、太平洋に面し、その良質な波を求めて年間60万人ものサーファーが訪れるサーフィンの聖地 …

文化・観光・食開催地

【前編】2020年東京オリンピックでの自転車競技開催に向け、ギアをあげる伊豆

ヘルメットを被り、e-Bike(スポーツ用の電動アシスト自転車)のスイッチを入れて、静岡県伊豆市にある狩野川の土手沿いを走り出す。緑 …

文化・観光・食開催地

【後編】2020年東京オリンピックでの自転車競技開催に向け、ギアをあげる伊豆

―――――【前編】はこちらから! 伊豆半島の多彩なコースラインナップの中でも、走行距離200kmの伊豆半島一周コースは自転車愛好家が …

文化・観光・食開催地

東京2020大会自転車競技(トラック・レース/マウンテンバイク)開催地としてのPR映像を公開しています

伊豆市は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会自転車競技(トラック・レース/マウンテンバイク)の開催地です。 2019年 …

交流開催地

東京2020テストイベント 福島あづま球場で開催決定!

東京2020オリンピック・パラリンピックの成功に向けて、競技運営及び大会運営の能力を高めることを目指して実施される「東京2020テス …

テーマから記事を探す

このサイトでは、サイトや広告を改善するためにCookieを利用します。これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。プライバシーポリシー