町工場カヌー、激流に挑む 東京五輪へ 推進力は若き情熱

日本の技術力

町工場カヌー、激流に挑む 東京五輪へ 推進力は若き情熱

東京新聞
郷慎之輔さん

 二〇二〇年の東京五輪で国産カヌーを疾走させたい-。カヌー製作未経験の東京都内の町工場などが、初の競技用国産カヌーの開発に取り組んでいる。ある若いカヌー乗りの情熱が、プロジェクトの大きな推進力になっている。 (中村真暁) 

 「日本人の体格に合うカヌーを作りたい」。プロジェクトで船艇や座席の製作を担うテックラボ(東京都多摩市)の社員郷(ごう)慎之輔さん(29)=同市=の長年の悲願だ。小学生時代にカヌーを始め、現在は千葉県のカヌークラブで指導に当たっている。 

 競技用カヌーは強豪国の東欧製が主流で、体が大きい欧米人向けの形状。比較的小柄な日本人には操作しづらく、トップクラスの選手でも海外製を改造するしかない。

郷さんは鉄鋼会社に就職したものの、カヌー作りへの思いが断ち切れずに退社。一六年夏、ネットで見つけたテックラボの門をたたいた。 

 レーシングカー部品の試作品などを手がける十五人ほどの小さな会社だが、カヌーと同じ素材のカーボンを扱っていた。「設計から製作まで全過程に関われる技術がある」と確信し、面接時には愛用のカヌーを持ち込んで熱意を示した。白石勝取締役は「志がある面白いヤツが来た」と採用した。 

 入社後、海外製の最新型カヌーを自費で購入したり、会社の先輩から指導を受けたりしながら研究を重ねた。自分たちだけでは限界を感じていた一六年末、東洋大(文京区)などの国産カヌー開発プロジェクトに連絡。テックラボの技術をPRし、チームに加わった。 

 昨年十月、都内でお披露目された試験艇は同社作。郷さんは技術者としては駆け出しだが、競技者の立場から形状などについて積極的にアイデアを出した。 

 とはいえ開発はまだ途上。一年半後の五輪本番で採用されるかは未知数だ。だが郷さんは「日本カヌー界の大きな一歩になっている」と前を見据える。 

多摩川上流を下る「水走」の試験艇=望月修教授提供

 

この記事は、東京新聞TOKYO Webに掲載された記事(2019年1月7日)を著作権者の許諾を得て転載したものです。

著作権者の許諾を得ずに、コピーして配布したり、転載や公衆送信することはできません。著作権についてはこちら

 

ロケーション

元記事・参考記事
オリジナル記事はこちら

テーマから記事を探す

このサイトでは、サイトや広告を改善するためにCookieを利用します。これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。プライバシーポリシー